読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『空気を読んではいけない』を読みました

青木真也選手の本『空気を読んではいけない』を発売日に本屋で買いました。
一通り読んで、(頼まれたわけではないですが)この本は私にはレビューできないと思いました。

まず、この本は読む人によって、受け取り方がいくつもあると予想できます。基本的に青木選手がそのときの気持ちを思い返しながら書いている文章です。

それから、こちらがより大きな理由ですが、私は青木選手より格段にヌルイ人生を送ってるので、私がこの本をレビューすること自体、失礼にあたると思いました。正直なところ、本を読んで驚きました。

面識も無いのに、数日前のブログで偉そうなこと書いて本当に申し訳ございません。青木選手、もし数日前の私のブログをご覧になられて不快になられてたら、お詫び申し上げます。 m(_ _)m


はっきり申し上げて、この本を真似するのは私には無理です。
私は、スポーツをしないし、お酒も適当に飲むし、怠惰で、筒井康隆の本と妄想にふけるのが大好きな人間です。妄想を止められなくて困ってます。これは治りそうにありません。

それから、青木選手の試合はYoutubeで見ただけで、あとアメブロを見たくらいです。青木選手の本を買ったのは初めてです。青木選手のブログから受けた印象は冷静沈着ですが、本は結構テンションの浮き沈みが激しい内容だった思います。

最後に、私には何もできませんが、応援してます(「大きなお世話だ」と聞こえてきそうですが)。